古川本院 佐藤まさひでクリニック0229-23-8152

Home > 日帰り手術

日帰り手術

「日帰り手術」とは、欧米で「デイサージェリー、Day Surgery」と呼ばれるもので、これまで一週間から10日ぐらいの入院で行っていた手術が、当日あるいは翌日退院出来るようにしたシステムです。
これまで5日~2週間の入院を必要としていた手術が、日帰り可能になりました
日帰り手術とは、手術当日に来院していただき、その日もしくは、翌日に帰宅できる手術のことです。何かと煩わしいのが入院生活ですが、そんな精神的負担も、日帰り手術で解消です。日帰り手術に対する不安や疑問はお気軽にお申し付けください。術前には、患者さんの生活習慣を確認し、手術が可能か否かの背景を調査し、術後には、患者さんの状態をバックアップしていきます。

痔の日帰り手術

世界的な生活習慣病のひとつに考えられる「痔」。
日本で痔に悩む人は3人に1人。症状がでない人を含めば成人の約半数が痔であると言われています。「痔」はとても身近な病気なのです。しかし「恥ずかしい」というイメージがあるため誰にも相談できず、症状を悪化させるケースがよくあるというのが現状です。ひとりで悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

痔の日帰り手術詳細ページ

胃・大腸ポリープ切除 EMR(内視鏡的粘膜切除術)・ポリペクトミー

近年、大腸・直腸がんが増えています。
食の欧米化(肉類のとりすぎ、野菜など食物繊維摂取不足)・肥満などが原因と考えられ、生活習慣病のひとつと考えられてきています。排便のときに出血するなどの症状が出てからの検査では、残念ながら進行がんの状態になってからしか発見できないことがしばしばあります。
何も症状が出ない、小さな病変のうちに治療をすれば、がんへの進行を予防できます。
前がん状態と考えられるポリープの状態でしたら、内視鏡検査を受ける感覚でポリープを切除できる内視鏡治療が可能です。

 

Home > 日帰り手術

info

佐藤まさひでクリニック 大腸肛門科