古川本院 佐藤まさひでクリニック0229-23-8152

Home > 日帰り手術 > 巻き爪矯正治療 陥入爪治療

巻き爪矯正治療 陥入爪治療

陥入爪の治療:超弾性ワイヤーによる巻き爪矯正治療

巻き爪とは、足の爪の角の部分が曲がって皮膚に食い込むようになった状態で、痛みを伴います。窮屈な靴や先の尖った靴などを履いて、足のゆびが横に圧迫さ れることで生じます。特に日本人は爪を深く切ることが習慣になっている事が多く、そのことが原因でさらに症状を悪化させ多くの方がお悩みの症状でもありま す。

当院では超弾性ワイヤーによる巻き爪(陥入爪)矯正治療を行っています。(保険適応外です。)

巻き爪陥入爪矯正治療 超弾性ワイヤーによる巻き爪治療 術前 巻き爪により爪の周囲がはれているような状態は、歩くだけで激痛となり、場合によっては家からでなくなる方もいらっしゃるほどです。陥入爪の手術も行っていますが、爪が細くなる点があるため、巻き爪矯正治療をお勧めします。

治療の際にはある程度爪を伸ばして来院していただきます。爪を伸ばすことも巻き爪治療・予防の一つです。

巻き爪陥入爪矯正治療 超弾性ワイヤーによる巻き爪矯正治療 ワイヤーを通したところ 爪に2か所穴をあけます。その後超弾性ワイヤーを挿入します。
ワイヤーを固定します。その後超弾性ワイヤーが元の形状に戻ろうとする力を利用して少しずつ広げていきます。
巻き爪陥入爪矯正治療 超弾性ワイヤーによる巻き爪治療 爪が矯正されて来ます。 翌日(場合によっては当日)から痛みが軽減してくるのが分かると思います。巻き爪の度合いが強い場合には時間がかかるかもしれませんが、ワイヤーの張力で症状の軽減が見られてきます。
巻き爪陥入爪矯正治療 超弾性ワイヤーによる巻き爪治療 4 およそ2カ月程度で通常は改善がされてきますが、症状によってより長期に行う必要があります。

(注意点)
必要に応じて、消毒や爪切り等の処置を追加することがあります。
爪の水虫も合併している場合には、皮膚科も受診していただくことがあります。
爪の伸びる速さによって変わりますが、1、2ヶ月で入れ替えが必要です。
入浴や運動は可能です。
爪が割れることがありますが、大きな処置は不要なことが多いです。
ワイヤーの先が爪の端から出てきて当たる場合には、ワイヤーの先をカットし
ます。
巻き爪の程度によっては、矯正に数ヶ月以上かかることがあります。
再発することがありますが、その時には、たいていワイヤーで治療できます。

Home > 日帰り手術 > 巻き爪矯正治療 陥入爪治療

info
毛根が亡くなる前に毛髪再生HARG療法

佐藤まさひでクリニック 大腸肛門科

仙台のレーザー専門美容皮膚科 ソララクリニックです。