古川本院 佐藤まさひでクリニック0229-23-8152

Home > 内視鏡検査

胃・大腸内視鏡検査

がんの早期発見・治療には、内視鏡検査が欠かせません。これからの時代は、定期的な自己管理によって自分自身を守る必要があります。
近年食生活の欧米化により、日本人にも大腸ガンが急増しています。大腸ガンの早期には症状が無い場合が多く、発見が遅れる場合が多々あります。大腸ガンについては、早期発見(ポリープのうちに切除すること)により、大腸ガンにより命を落とす可能性をほぼゼロにする事が可能です。
また、経口内視鏡検査および下部消化管(大腸全体;直腸~盲腸まで)内視鏡検査においては、鎮静剤を使用し、できるだけ苦痛を感じさせることなく検査を行っています。

食道 胃内視鏡検査

食道・胃の内視鏡検査は、個人差はありますが、口の奥に入ったところで、誰もが“オエッ”となる不快感を覚えます。当クリニックでは、その不快感がイヤ で、内視鏡検査を敬遠することで病気の発見が遅れることが無いように、短時間“眠って”醒める頃に検査が終る方法(麻酔)をお勧めしています。

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡の検査は、胃の内視鏡以上に不安を抱いている方が多いのですが、検査の前に十分下剤を使用して腸の中をきれいにします。下剤で腸がきれいになるため、“臭い”、“汚い”が無くなりました。検査方法の発達によって“ 苦しさ”も随分改善されました。しかし、それでも苦痛を感じる方もいらっしゃいますので、その場合は、胃の検査同様に、「うとうとしながら検査ができる」麻酔を併用することを お勧めしています。

問い合わせ 大腸肛門科

Home > 内視鏡検査

info
毛根が亡くなる前に毛髪再生HARG療法

佐藤まさひでクリニック 大腸肛門科

仙台のレーザー専門美容皮膚科 ソララクリニックです。